「“Theory of User Engineering”出版」の記事画像

“Theory of User Engineering”出版

黒須教授のユーザ工学講義 (3月22日)

ユーザ工学についてもっとアピールすることが必要だろうと考え執筆した、“Theory of User Engineering”が2016年の12月に刊行となった。僕にとっては英語で初の単著となった記念すべき書籍ではある。

「UXを企業戦略の中核に据えるリーダー像を探るイベント、4月26日に開催」の記事画像

UXを企業戦略の中核に据えるリーダー像を探るイベント、4月26日に開催

U-Siteからのお知らせ (3月10日)

米IBMのフィル・ギルバート氏や、日本を代表する企業でエクスペリエンス分野を牽引する3名を迎え、各社での具体的な取り組みやエクスペリエンス推進の考え方などを通じて、企業におけるUX戦略やUXリーダーシップのあり方について学ぶことのできる時間です。

「カード:UIコンポーネントとしての定義」の記事画像

カード:UIコンポーネントとしての定義

ニールセン博士のAlertbox (3月10日)

「カード」とは、トランプのカードに似た見た目の柔軟なサイズのコンテナに関連情報をまとめるUIデザインパターンのことである。

「ミレニアルズとお金」の記事画像

ミレニアルズとお金

海外とのかけ橋 (3月3日)

起業家やサイドジョブを持つ人が日本よりも多いという印象のアメリカ。ミレニアルズ世代の人々は、お金についてどのように考えているのでしょうか。

「しぶとく残るWebデザインの間違い・トップ10」の記事画像

しぶとく残るWebデザインの間違い・トップ10

ニールセン博士のAlertbox (2月23日)

大規模なユーザビリティ調査によって、現在、最も一般的かつ有害なWebデザインの間違いが明らかになったが、そうした間違いは意外なものでも新しいものでもなかった。つまり、それらは課題としてずっと続いており、Webサイトのユーザビリティを損ない続けているのである。

「ユーザビリティと利用品質についての最新動向」の記事画像

ユーザビリティと利用品質についての最新動向

黒須教授のユーザ工学講義 (2月17日)

JTC1/SC7/WG6の会議に参加した。そこで一番強調したかったポイントは、主観的利用品質というものがあること、満足度はその点で他の利用品質(客観的利用品質)とは異なること、主観的利用品質は「利用」ではなく製品品質を「知覚」することによって成立するものであること、の3点だった。

「ジャーニーマップ作成の実際: UX実践者への調査」の記事画像

ジャーニーマップ作成の実際: UX実践者への調査

ニールセン博士のAlertbox (2月9日)

UX実践者はジャーニーマップの作成方法の標準化に苦労しているが、ジャーニーマップを作るという活動自体が共有ビジョンを作り出すのに不可欠であると考えている。しかし、発見した内容を伝えるのに、知見が極めて重要であるにもかかわらず、それがジャーニーマップに入っていることはまれである。

「経験想起法」の記事画像

経験想起法

黒須教授のユーザ工学講義 (2月1日)

以前に開発したUX Graphには、時間経過とともに曖昧になる人間の記憶に基いた主観評価値を、グラフの形に描いていいかという疑問があった。そこで思い切ってグラフを削除した経験想起法を提唱するに至った。

「パーソナライゼーションを成功させるための6つのヒント」の記事画像

パーソナライゼーションを成功させるための6つのヒント

ニールセン博士のAlertbox (1月19日)

適切にデザインされたパーソナライゼーションは、役割やタイプの構築が慎重に検討されていて、それぞれの役割が利用可能なコンテンツが保証され、コンテンツ以外にも範囲が及んでおり、ユーザーにもエクスペリエンスをコントロールできる部分があるものである。