「カスタマージャーニーマップは、いつどのように作るべきか」の記事画像

カスタマージャーニーマップは、いつどのように作るべきか

ニールセン博士のAlertbox (2016年11月17日)

カスタマージャーニーマップとは、物語と視覚化という2つの強力なツールを組み合わせることで、開発チームが顧客のニーズを理解して、対処できるようにしたものである。コンテキストやビジネスゴールによって、マップの取るかたちはさまざまだが、そこにはある決まった要素が一般に含まれている。また、根本になるガイドラインがあり、そうしたガイドラインに従うことで、もっともうまくいく。

「ユーザビリティの問題はUXを阻害する」の記事画像

ユーザビリティの問題はUXを阻害する

黒須教授のユーザ工学講義 (2016年11月8日)

ユーザビリティをがんばったからUXはよくなるだろうと考えるのはあまりに楽観的すぎる。また、ユーザビリティの問題を見落としたり、それを蔑ないがしろにすると、それらの問題点はユーザの経験において爆発し、その企業のCIに泥を塗ることにもなりかねないのだ。

「デザイン思考の基礎」の記事画像

デザイン思考の基礎

ニールセン博士のAlertbox (2016年11月1日)

デザイン思考とは何か。なぜそれに関心を持つべきなのか。ここでは、その歴史と背景に加え、簡単な概要と、6段階のプロセス図を提供する。実践的なユーザー中心の考え方による問題解決型アプローチがイノベーションにつながり、イノベーションを起こせれば、差別化ができ、競争上の強みを作り出せるようになる。

「顧客ロイヤリティ」の記事画像

顧客ロイヤリティ

黒須教授のユーザ工学講義 (2016年10月24日)

顧客中心主義の考え方からすれば、顧客ロイヤリティという言葉の使い方には注意が必要だろう。顧客が企業に心から尽くそうとする、などという発想は顧客中心主義からも大いに離反しているからだ。

「“モバイルファースト”は“モバイル専用”ではない」の記事画像

“モバイルファースト”は“モバイル専用”ではない

ニールセン博士のAlertbox (2016年10月19日)

デスクトップのナビゲーションをモバイルのデザインパターンにすると、ナビゲーションがユーザブルでなくなるし、この重要なUI要素の利用が減ってしまう。UIをそのままの形で異なるプラットフォームに移植すると、UXが損なわれるからである。

「交通機関のサービスのUCD」の記事画像

交通機関のサービスのUCD

黒須教授のユーザ工学講義 (2016年10月11日)

交通機関はすべての社会構成員に関係するものであり、その公共性の視点に立ったUCD的な配慮や改善が求められる。今回は交通機関が提供しているサービス機能のうち、ICカード乗車券による入場の問題を取り上げる。